Loading...
  • 人生に一度は訪れてみたい、「おくのほそ道」や憧れの歌枕の地・・・。
    各地の名物料理を味わいながら、松尾芭蕉と共に美しい日本を再発見する旅に出てみませんか?
    有名な歌枕の地・句碑・温泉地など、芭蕉が旅した「おくのほそ道」ゆかりのスポットを数回に分けて巡る、日帰り・一泊二日・二泊三日のシリーズです。
おくのほそ道を巡る旅 第一章 【深川街歩き&日本橋クルーズ】

・芭蕉が暮らした江戸の街・深川の魅力を探る街歩き!
・お客様5名ごとにベテランガイドが1名付いてご案内いたします。
・「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」俳号の由来となった芭蕉庵はどこにあった?
・江戸名物・深川めし付き!TVで話題のお蕎麦屋さんでスペシャルランチ♪
・芭蕉の船出を追体験!歴史が詰まった日本橋クルーズはたっぷり90分!

貸切街歩き おくのほそ道を巡る旅 第一章 【深川街歩き&日本橋クルーズ】

・芭蕉が暮らした江戸の街・深川の魅力を探る街歩き!
・お客様5名ごとにベテランガイドが1名付いてご案内いたします。
・「草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家」俳号の由来となった芭蕉庵はどこにあった?
・江戸名物・深川めし付き!TVで話題のお蕎麦屋さんでスペシャルランチ♪
・芭蕉の船出を追体験!歴史が詰まった日本橋クルーズはたっぷり90分!

  • 《予告》
    2021年3月頃より順次催行を予定しています。

    第一章 深川・日本橋)
    第二章 千住・草加 日帰り街歩き
    第三章 鹿沼・日光 日帰りバスツアー
    第四章 大田原・那須 一泊二日バスツアー

    松尾芭蕉とは・・・
    江戸時代前期~中期の俳人。「おくのほそ道」の著者として有名です。三重県上野市(現在の伊賀市)出身。津藩に仕えて俳諧をたしなみ、北村季吟の指導を受け、30歳で江戸に出ると、才を認められて談林派江戸宗匠となります。それまでの貞門・談林派の言葉遊びの滑稽趣味から離れ、自然や庶民生活の詩情を余韻豊かに表現して、蕉風俳諧を打ち立てました。「おくのほそ道」のほか、「野ざらし紀行」、「更科紀行」などの紀行文を残しています。

    おくのほそ道(奥の細道、おくの細道)とは・・・
    元禄2年(1689年)3月27日(陰暦。現在の暦では5月16日)、46歳の松尾芭蕉は、弟子の曾良を伴として江戸の深川を出発し、陸奥、出羽、北陸の各地をまわる旅に出ました。そして8月21日、美濃の大垣に到着。この156日間、476里余に及ぶ長旅の中で、特に印象に残った出来事をまとめたのが、紀行文「おくのほそ道」です。
    (「おくのほそ道の旅」萩原恭男、杉田美登著、岩波ジュニア新書より)

全国のレストランシップ

東京湾シンフォニー

東京湾シンフォニー

東京湾レディクリスタル

東京湾レディクリスタル

横浜港ロイヤルウイング

横浜港ロイヤルウイング

横浜港マリーンルージュ

横浜港マリーンルージュ

びわ湖ミシガン

びわ湖ミシガン

大阪大川ひまわり

大阪大川ひまわり

神戸港コンチェルト

神戸港コンチェルト

広島港銀河

広島港銀河

那覇港モビーディック

那覇港モビーディック